高知県高知市にある就労移行支援事業所

就労継続支援B型

  1. 就労継続支援B型とは
  2. 就労継続支援A型との違い
  3. 基本報酬および主な各種加算(就労移行支援)

就労継続支援B型とは

就労継続支援B型とは、障害などにより一般企業で就職する事が困難な方に対して雇用契約を結ばずに就労の機会を提供するサービスです。年齢制限などは特になく、障害基礎年金1級を受給している方や就労経験があるが何らかの理由で一般企業での就労が困難となった方々が就労継続支援B型の対象となります。

就労継続支援A型との違い

就労継続支援A型との違いは、利用にあたり年齢制限がない事、企業と雇用契約を結ばない事が挙げられます。雇用契約を結ばないため利用者にあったペースで比較的自由に働く事が可能となり、作業分のお金も工賃として支払われます。

基本報酬および主な各種加算(就労移行支援)

種類 単位数 基本報酬
就労移行支援サービス費 (21人以下) 541 単位 事業所を運営するために基本的に必要な経費に対する報酬
福祉専門職員配置等加算(Ⅰ) 15 単位 就労支援に従事する者として1年以上の実務経験を有し、一定の研修を修了した者を就労支援員として配置している場合に対する行う加算
欠席時対応加算 (月4回を限度) 94 単位 利用者が急病等により利用を中止した際に、連絡調整や相談援助を行った場合に、月に4回まで加算
送迎加算(Ⅱ) 10 単位 利用者に対して居宅等と事業所との間の送迎を行った場合に対する行う加算
初期加算 30 単位 利用開始時から30日を限度として加算する
訪問支援特別加算(月2回を限
度)
187~280単位 就労継続支援B型事業所等において利用者が3か月以上継続して利用し、最後に利用した日から連続して5日間利用がなかった場合、利用者に事前に同意を経て、当該利用者の居宅に訪問して利用に係る相談支援等を行う場合の加算
目標工賃達成指導員配置加算 80単位 工賃向上の為に計画、実行する職員を配置している加算
福祉・介護職員処遇改善加算(Ⅰ) 所定単位数の6.7% キャリアパス要件(Ⅰ)(Ⅱ)(Ⅲ)、職場環境等要件のすべてを満たしている
※対象職員へは年2回の賞与で支給している。業績により変更する場合がある。
福祉・介護職員等特定処遇改善加算(Ⅰ) 所定単位数の2.0% 福祉・介護職員処遇改善加算(Ⅰ)から(Ⅲ)のいずれかを取得していて、当該加算の職場環境等要件に関し、複数の取り組みを行っているとともに、当該加算に基づく取り組みについて、HPへの掲載等を通じた見える化を行っている場合。※対象職員へは年2回の賞与で支給している。業績により変更する場合がある。

※○上記単位×10円 ※就労移行支援は、障害福祉サービスの利用を行う際に必要な個別支援計画書に基づいて「重要事項説明書」に記載されているサービス内容を提供します。個別支援計画作成後、3ヶ月に 1回以上定期的に個別支援計画実施状況の把握を行い必要に応じて個別支援計画の変更を行います。変更については利用者とその家族に説明をし、文書により同意を求めます。利用者は、 「重要事項説明書」に記載されている訓練等給付費対象サービス内容の料金(厚生労働大臣の定める金額。但し軽減等が適用あり。)の所定の利用者負担額を支払います。ただし、訓練等 給付費については、事業者が市町村から代理受領をした場合は、利用者は直接支払う必要はありません。

e daha の支援

就労移行支援

就労移行支援とは、障害者総合支援法に定められた障害福祉サービスのひとつです。原則24カ月(2年)の期間、ご利用できます。就労移行支援事業所は、企業等で働きたい障害のある方に対して、働くために必要な知識と能力を高める場所です。具体的には、下記のような支援を通して障害のある方の就労支援を行います。

就労移行支援ついてもっと見る

VR支援

最先端のVRを使った支援を行う事で、実際に働く現場に出た際に必要なソーシャルスキルを身につける事が可能です。
専門医監修のVRプログラムを使用してトレーニングを行うため、非常に効果的であり、利用者にとって良質なトレーニングを提供します。

VR支援についてもっと見る

計画相談支援

働き方についてこんなお悩みはありませんか?
・一人暮らしをして自立したい
・家族の障害のことで悩んでいる
・移動や外出に困難がある
計画相談支援ではあなたが働く上で抱えている悩み・希望などをしっかりお伺いし、希望に沿った支援を行います。

計画相談支援についてもっと見る

障害児相談支援

お子さんの発達についてこんなお悩みはありませんか?
・子供のために何かしたい
・家族が障害のことで悩んでいる
・移動や外出に困難がある
あなたが生活上で抱えている悩み・希望などをしっかりお伺いし、あなたにあった支援を行います。

障害児相談支援についてもっと見る

就労定着支援

就労移行支援・就労継続A型B型・自立訓練・生活介護を利用し一般就労後6ヶ月〜3年6ヶ月までの方に対して、就職後の生活上の課題を一緒に解決していく支援です。
障害者手帳をお持ちでない場合でも、福祉サービスの利用を経て一般就労された方であれば、ご利用が可能です。

就労定着支援についてもっと見る

就労継続支援B型

就労継続支援B型とは、障害などにより一般企業で就職する事が困難な方に対して雇用契約を結ばずに就労の機会を提供するサービスです。年齢制限などは特になく、障害基礎年金1級を受給している方や就労経験があるが何らかの理由で一般企業での就労が困難となった方々が就労継続支援B型の対象となります。

就労継続支援B型についてもっと見る