職業適性検査(GATB)

edaha(えだは)職業適性検査(GATB)

GATBについて

edaha(えだは)職業適性検査(GATB)えだはでは、厚生労働省主催で行われている業適性検査であるGATBを実施しています。

働くうえで自分がどのような職業に向いているのか?どんな能力が優れているのか?などを検査していきます。

意欲だけでなく、自分自身の適正にあった職業を選択するうえで大いに役立ちます。

 

GATBの下位検査の内容

紙筆検査

紙筆検査名称内容
検査1円打点検査円の中に点を打つ検査
検査2記号記入検査記号を記入する検査
検査3形態照合検査形と大きさの同じ図形を探し出す検査
検査4名詞比較検査文字・数字の違いを見つける検査
検査5図柄照合検査同じ図柄を見つけだす検査
検査6平面図判断検査置き方をかえた図形を見つけだす検査
検査7計算検査加減乗除の計算を行う検査
検査8語意検査同意語かまたは反意語を見つけだす検査
検査9立体図判断検査展開図で表された立体形をさがしだす検査
検査10文章完成検査文章を完成する検査
検査11算数応用検査応用問題を解く検査

器具検査

器具検査名称内容
検査1さし込み検査棒(ペグ)をさし込む検査
検査2さし替え検査棒(ペグ)を上下逆にさし替える検査
検査3組み合わせ検査丸びょうと座金を組み合わせる検査
検査4分解検査丸びょうと座金を分解する検査
なお、器具検査1,2は手腕作業検査盤(ペグボード)を、器具検査3,4は指先器用検査盤(エフ・ディー・ボード)を用いる。

 

 

GATBで測定される9つの適性能とその内容

GATBで測定される9つの適性能とその内容

適性能内容
G−知的能力一般的学習能力
V−言語能力言語の意味およびそれに関連した概念を理解し、それを有効に使いこなす能力。言語相互の関係および文章や句の意味を理解する能力。
N−数理能力計算を正確に速く行うとともに、応用問題を推理し、解く能力。
Q−書記的知覚言葉や印刷物、伝票類を細部まで正しく知覚する能力。文字や数字を直観的に比較弁別し、違いを見つけ、あるいは校正する能力。文字や数字に限らず、対象を素早く知覚する能力。
S−空間判断力立体形を理解したり、平面図から立体形を想像したり、考えたりする能力。物体間の位置関係とその変化を正しく理解する能力。青写真を読んだり、幾何学の問題を解いたりする能力。
P−形態知覚実物あるいは図解されたものを細部まで正しく知覚する能力。図形を見比べて、その形や陰影、線の太さや長さなどの細かい差異を弁別する能力。
K−運動能力眼と手または指を共応させて、迅速かつ正確に作業を遂行する能力。眼で見ながら、手の迅速な運動を正しくコントロールする能力。
F−指先の器用さ速く、しかも正確に指を動
かし、小さいものを巧みに取り扱う能力。
M−手腕の器用さ手腕を思うままに巧みに動かす能力。物を取り上げたり、置いたり、持ち替えたり、裏返したりするなどの手腕や手首を巧みに動かす能力。

 

引用元:厚生労働省編 一般職業適性検査