高知県高知市にある就労移行支援事業所

お知らせ・ブログ

☆短期離職のデメリットと挽回方法☆

2020年6月25日

☆短期離職のデメリットと挽回方法☆

こんにちは。

今回は短期離職のデメリットと、そこからの挽回方法について記載致します。

これから新しい会社で働く予定の方や、短期離職で就職活動がうまく進められない方などはオススメの内容です。

 

短期離職とは?

では、短期離職とはどういった場合に発生するのでしょうか。

 

・会社の社風に合わない

・仕事が想像以上に辛い

・仕事で求められるハードルとスキルが合致しない

・会社がブラックだったetc

 

など、転職が活発になっている現在において課題となっているのは、どうやって長期的に就業できるのかが争点になってきていると言えるでしょう。対して、短期離職する可能性も高くなってきているとも言えます。

 

短期離職のデメリット

では、短期離職してしまった場合のデメリットを挙げていきます。

 

・次の就職活動で不利となりやすい

・退職してからの就職活動は、精神的にきつくなる

・次の就職先を決めるのに時間をかけられない

・収入が途絶えるので金銭的にも困るetc

 

などが挙げられます。収入が途絶える点は、失業手当などの各種労働行政へ手続きすることで解決できますが、他のデメリットは回避しづらいと言えますね。では、短期離職してしまった際の挽回策を挙げます。

 

短期離職からの挽回方法

短期離職をプラスにして、説明できるようにする

例えば、業界・業種が全く違う会社に転職してみたが、うまくいかず短期離職になってしまった場合は、その挑戦心をアピールして、次の会社でその失敗をどう活かすかを具体的にアピールできるようにすることなど、あくまでもプラスになるように表現できれば、面接でも相手にその熱意ややる気が伝わって、就職先が決まることに繋がると言えるでしょう。

 

就業支援サイトや、ハローワークを活用する

就業支援サイトを活用することで、どういった求人があるのか分析できます。自分のスキルや経験に合致して、良い条件を提示している求人情報を見つけたらどんどん応募しましょう。又、ハローワークで、就職支援員に悩みを相談するのも精神面で良いと言えます。就職活動中は孤独になる可能性も高く、精神的に厳しいので、定期的に進捗状況や面接の対策を相談できるようにしましょう。

 

まとめ

以上、短期離職のデメリットとその挽回方法について、記載させていただきました。見方を変えれば、短期離職もアピールできる武器となりうるので、表現の仕方を工夫しながら、自分の希望に合致した会社に入社できるように頑張りましょう!

 

本記事での感想・分析・結果はあくまで筆者個人のものであります。

LINEで送る
Pocket