施設利用の流れ

見学と体験利用をおすすめします!

e dahaでは見学や体験利用をおすすめしています。
まずは、どのような場所や雰囲気で、どのようなプログラムが行われるのかなど、実際にご覧ください。

ご家族や関係機関の方も同席いただけます。

お知らせ
緊張の一日です

  • 見学申し込み
  • お問い合わせ
説明会/見学会参加
緊張の一日です

  • サービスの説明
  • 施設見学
  • ご相談
手続き+体験利用
緊張の一日です

  • 受給者証の申請
  • 利用計画の作成
  • プログラムの体験
  • 利用前の面談
利用開始
緊張の一日です

 

利用手続きの流れ

相談支援員(相談支援専門員)は、障害のある人が自立した日常生活、社会生活を営むことができるよう、全般的な相談支援を行います。

就労移行支援事業所「えだは」利用手続きの流れ
⑤について
利用者の希望や目標、不安や課題などを聞きながら、相談支援員が本人(家族)の思いや状況を整理します(アセスメント)。

⑦について
相談支援員が、アセスメントをもとに、計画案を作成します。

⑨について
利用者と相談支援員、サービス担当者など、関係者で計画について話し合います。

定期的なモニタリングの実施について
相談支援員と就労移行支援の担当者が、定期的に利用者の思いや状況を聞き取り、計画評価を行います(モニタリング)。
課題があれば計画の改善を行います。

 

就労移行支援事業所を利用するには

利用者(家族)が利用開始までに行う手続きは、赤字で書いています。

④ 市町村へ利用申請について
利用者(家族)が利用申請を記入し、お住まいの市町村に提出します。

⑤ 相談・面談について
特定相談支援事業所で、利用者(家族)と相談支援員が相談・面談後、特定相談支援事業所の利用契約をします。

⑥ 認定調査
認定調査
を市町村が実施します。

⑦ サービス等利用計画案の作成・提出について
相談支援事業所で相談支援員が、『サービス等利用計画書案』を作成します。
利用者(家族)が確認後、相談支援員が市町村に提出します。

⑧ サービス支給決定(受給者証送付)について
市町村より受給者証が発行されます。

⑨ サービス担当者会議開催について
利用者(家族)と関係機関の担当者で、サービス担当者会議を開きます。

⑩ サービス等利用計画書の作成・提出について
就労移行支援事業所と利用契約
をし、利用開始となります。
特定相談支援事業所の相談支援員が、『サービス等利用計画書』を作成します。※『サービス等利用計画書』とは利用者の課題解決や適切なサービス利用を支援する為に、必要なものです。計画には利用者の解決すべき課題、支援方針、利用するサービスが記載されています。

 

e dahaご利用前の無料相談も大歓迎!

就職関する不安・疑問、e daha利用についての相談もお気軽にどうぞ!