就労定着支援

就労定着支援事業所

就労定着支援事業所

就労移行支援事業所や就労継続支援事業所などを利用した後に、企業などへ就職した方(就労後6ヶ月経過された方)を対象にしています。障害のある方の就職後の生活上の課題に対して支援を行います。

 

就労定着支援の対象者

就労移行支援、就労継続支援、自立訓練、生活介護などの利用を経て一般就労へ移行した障害のある方で、就労に伴う環境変化により日常生活や社会生活において、生活面の課題などが生じている方が対象となります。

 

定着支援

障害のある方との相談を通じて生活面の課題を把握するとともに、企業や関係機関等との連絡調整やそれに伴う課題解決に向けて必要となる支援を行います。

具体的には、企業・自宅等への訪問や、生活リズム、家計や体調の管理などに関する課題解決に向けて、必要な連絡調整や指導・助言等の支援を行います。

 

 

 

就労定着支援サービス内容

就労移行支援・就労継続A型B型・自立訓練・生活介護を利用し一般就労後6ヶ月を経過された方から、就労後3年6ヶ月までの方がご利用できるサービスです。

障害者手帳をお持ちでない場合でも、福祉サービスの利用を経て一般就労された方であれば、ご利用が可能です。